profile
閲覧数 93412 推奨数 0 コメント 0
?

Shortcut

Prev前へ 書き込み

Next次へ 書き込み

+ - Up Down Comment Print Files
?

Shortcut

Prev前へ 書き込み

Next次へ 書き込み

+ - Up Down Comment Print Files

長く愛用し続けていたD700を売却し、Dfを入手しました。


10001466_565877503527178_564745604_n.jpg


発売当初はD800Eを購入したばかりだったことと、スペックを見ると絶対ほしくなると思ったので、

意図的にこのカメラから自分の身を遠ざけていました。


実際にこのカメラのスペックを細かく確認したのは最近。


入れ物違いのD600だと思い込んでいたので、D800Eと両方持ちはいらない、と「勝手」に思っていたのですが、

実際にはD4譲りのCMOSセンサーと画像処理エンジン。


昔のD700までとはいかないですが、それにかなり近いようなつくり。

(シャッタースピードや、AFセンサーなど細かいところを見るとD700より劣化している部分も確かにありますが・・)

そして、レトロなボディのつくり。


これ、旧ニコンFM2と比べると本当にソツクリな作りです。

ただ、後ろの液晶部分だけ見ると、普通のデジタル一眼。←実際にこれが一番気に要らないところだった


一番の購入の決め手になったのは高感度性能。D4譲りだけであって、常用感度ISO100~ISO12800です。


個人的に「暗い」場所でのスナップ、人物撮影が好みなので、D700の性能では手持ち作成に限界があったのも事実です。

もっと絞りたい、けどこれ以上は絶対ブレる。

結局絞り解放気味になりがちで、使用するレンズも50mm F1.4にほぼ固定。


数年間この組み合わせで写真を撮っているので、正直この構成に飽きてきたところでした。


もっと高感度に強いカメラはほしいものの、D4しか代用できるカメラはなく、D800Eも夜間性能はそんなに強いとは言えない機種です。

それが、今回Dfといった形で販売することになったのを知ったときは←(先週の話ですが・・・)

最初D700を見た時と同じくらいのインパクトを受けました。


もう思い立ったら行動。

D700とそのほかの機材を売り、その資金でDfを購入することにしました。


中野の行きつけのカメラ屋さんに在庫を確認したら、なんと電話したその当日に大量に入荷があったとのこと。

今までずっと品切れだったそうです。一台取り置きをお願いして、週末に購入。


1800456_566812683433660_1534133955_n.jpg

実際にいろんな写真を撮ってみると、「今まで使ってた一眼と全然違う」感触。

ボディの形状、ダイアルの形状、操作感。

すべてが今まで使ってたNikonボディと違います。


これが変わりすぎて使い辛い、といった悪い意味ではなくて、本当に「写真を撮っている」ことを再認識させてくれる操作感。

完全マニュアルモードで撮影することは今までなかったのですが、(理由はいちいち設定を液晶で確認しながら操作するのが面倒すぎる)

このボディだと、一目で今現在の設定を確認できるので、純粋にマニュアル撮影を楽しめるつくりになっています。


「これならマニュアル撮影をもっと楽しくできるかも」


となってくると、自然にマニュアルフォーカスレンズもほしくなってきました。

そもそもDfを購入するとき、マニュアルレンズ1本購入できることを念頭に入れて資金計画を立てたので、買うこと自体はOK。

ただ、これといったほしいレンズがなくて、ボディ購入した時はレンズは購入せず保留。


Nikkorシリーズの旧レンズでもいいのですが、これもなかなかいい玉と出会えない。中古の流通量もすくなく、状態のいい玉を探すのは結構時間のかかる作業。


その中で、頭の中をよぎったのが、「Carl Zeiss」の青盾ロゴです。

いつかは「Carl Zeiss」レンズを使ってみたいと願望はあったのですが、ここで線がつながったわけです。


Carl Zeissといっても、実際はコシナ製。(ソニーZeissはまた別)

旧ヤシカ→京セラの流れで京セラがカメラ関連事業から撤退した今はコシナがそれを引き受けて作っています。


この手のレンズは大手レンズメーカーの製品と違い、大量に生産されているわけではないので、そもそも流通量が少ないです。

しかもすべてのレンズが手作り。手間暇かけて一本を仕上げて念入りに確認を繰り返して厳格な製品テストを通過した製品のみが出荷されるレンズです。

(そりゃ値段も高いし、流通量も少ない・・・)


量販店では在庫を置いている店舗が近くにはなく、取り寄せしてもいつ入るかわからない、とのことでした。

ダメもとで中野の行きつけのカメラ屋さんに連絡したところ、なんとこれも在庫があるとのこと。


ということで購入してきました。

Planar T* 1.4/50 ZF.2


1560482_568346556613606_1509254561_n.jpg



中には製品の検査認定書もついています。

サインもプリントではなく自筆でのサイン。


1978701_568346566613605_369381045_n.jpg


製品のつくりもしっかりとしていて、

パッケージからレンズを取り出したその瞬間にその美しさに魅了されました。


10156054_568346593280269_1086483293_n.jpg


ここで少しこのレンズの話。

このPlanar 50mレンズの設計は、非常に歴史深いもので、最初に設計されたのは1896年。

前後対称構造の手法をとっていて、のちに発売される他社のレンズにもこの設計とほとんどこの設計が基本となるなど伝説的な王道レンズの一つです。

発売当初はレンズコーティング技術が発達していなくて、構造自体が内部反射などの影響を受けやすい構造になっていることでそれほど普及はしていなかったそうです。

それが、コーティング技術進化とともにCarl Zeissコーティング技術のT*(ティースター)の定着もあって、このレンズが逆光を浴び始めるようになったのです。


1185443_568346636613598_634005744_n.jpg

Dfと組み合わせると、なかなか渋い顔立ちになります。


10154946_568346683280260_288237078_n.jpg

D800Eとのバランスもいいです。


10014557_568346656613596_127822780_n.jpg

OM-DにFマウント変換アダプタをかませて装着。

レンズ自体の大きさがそれほど大きくないので、違和感もありません。



最初に感じたのは、フォーカスリングのフィーリングの良さ。重すぎず軽すぎず、絶妙な味付けになっています。

そして描写性能。

解放側ではとろけるほど甘く、二段ほど絞ると、シャキッとしたシャープネスな写真が取れます。実に二度おいしいレンズです。

コントラストも高く、メリハリのある写真が撮れるのもこのレンズの特長ですね。


最初はマニュアルフォーカスに少し不安がありましたが、

D800EとDfのファインダーだと、マニュアル撮影もそれほど苦ではなく、集中してみればピントの山は確認ができます。

ただ、解放側はいまいちピントをつかみにくく、これはなれるしか方法がないですね。


それと本当に以外に思ったのが、OM-Dとの相性の良さ。


電子ファインダー・ライブビュー撮影がメインとなるカメラなので、本当に相性がいいです。


ピントの部分を拡大して確認ができるので、これがまた便利ですね。

(D800E,Dfでも同じ機能はありますが、やっぱりOM-Dの操作性の方が上だと思います。)


最初は、OM-Dとの組み合わせは全く考えてなかったのですが、意外と出番が多くなりそうです。


나눔글꼴 설치 안내


이 PC에는 나눔글꼴이 설치되어 있지 않습니다.

이 사이트를 나눔글꼴로 보기 위해서는
나눔글꼴을 설치해야 합니다.

설치 取り消し

Designed by sketchbooks.co.kr / sketchbook5 board skin

Sketchbook5, 스케치북5

Sketchbook5, 스케치북5

Sketchbook5, 스케치북5

Sketchbook5, 스케치북5