閲覧数 49 推奨数 0 コメント 0
?

Shortcut

Prev前へ 書き込み

Next次へ 書き込み

+ - Up Down Comment Print Files
?

Shortcut

Prev前へ 書き込み

Next次へ 書き込み

+ - Up Down Comment Print Files

all-route.jpg


今回は「日本秘湯を守る会」の温泉だけをめぐる温泉巡りです。


バイク雑誌等で以前から気にはなっていましたが、ようやく重い腰を上げて行ってみることにしました。



日帰り温泉は10時30分から1時30分までの間のみ。


湯船の中にも、「法師乃湯」が名物の温泉です。


朝の時間帯は、混浴で夜は女性専用風呂になるとのこと。



土日になると、混雑のため早めに受付を切り上げるあるらしく、早めに行くのが無難とのことで

2時間ほどかかることを見越して8時には出発。



というものの、なんだかんだ言ってまた出発が遅れて(・・・いつもじゃん・・・)


途中休憩なしで現地まで行くことになりました。




IMG_2687.JPG


高速を降りて、こんな感じの山道をひたすら走ること約30分。


IMG_2689.JPG


旅館の入り口に到着です。


IMG_2690.JPG


敷地はとても広々としていて、駐車場ももちろん完備。

ただ、舗装はされていなくて、油断するとすべっちゃいます。


IMG_2692.JPG


ここを上るとどこに着くんだろう・・・と思いながら、スルー。


IMG_2693.JPG

入り口らしきものが見えてきました。

かなり年期入ってます。


IMG_2697.JPG


見た目はとてもいい感じです。

期待が高まります。


IMG_2701.JPG

元湯長寿館 というんですね。


IMG20170624_114125.jpg


入り口のロビーも昔の雰囲気がしてとても暖かい雰囲気の空間です。


途中渋滞やらで、結局11時30分着いたのですが

に幸い、入浴OKということで、入浴料を支払い中に進みます。


IMG20170624_114140.jpg


受付を周り廊下を進むと・・・


IMG20170624_131355.jpg


さらに分かれ道があり・・・


IMG20170624_131334.jpg


さらに奥に進むと、法師乃湯の入り口。


脱衣場は男女別々で、湯船は混浴となります。




中の湯船は全部4つあって、入り口より手前のほうのお湯が熱め、奥のほうは温めとなっていて、

一番奥まで行くとかなり低温となるので、体調によっては長時間温泉につかることもできます。


全体的にぬるま湯、といった感じですね。




湯船にはすでに先客が10人ほど。全員男です。


しかもみんな長風呂・・・一体何を期待しているのか・・・


普通の温泉と比べちょっと異様な雰囲気だったことを覚えています。




ただ、湯船自体はとてもいい感じで、かなり変わった風呂です。

(気になる方は公式ホームページをのぞいてみてください)


全体的な客の雰囲気だけを除けば、とてもいい風呂でした。



0IMG_2700.JPG


恒例の提灯です。



秘湯を守る会の温泉は今回で4つ目となりますが、

また一味変わった温泉を堪能することができました。




IMG_2704.JPG


実は、あまり体調がよくなかったため、

今回は温泉だけを楽しみ、そのまま帰宅することに。


ただ、来た道をそのまま戻るとあまり面白くないので、

日光を経由して帰ることにしたのですが、

休日の湯元温泉街といい、いろは坂といい、渋滞続きでかなりしんどいルートでした。。。



IMG20170624_214942.jpg


結局家の近くのマクドナルドで朝&昼&夕食をとることに。


次はもう少しグルメな旅をしてみたいと思います。



나눔글꼴 설치 안내


이 PC에는 나눔글꼴이 설치되어 있지 않습니다.

이 사이트를 나눔글꼴로 보기 위해서는
나눔글꼴을 설치해야 합니다.

설치 取り消し

Designed by sketchbooks.co.kr / sketchbook5 board skin

Sketchbook5, 스케치북5

Sketchbook5, 스케치북5

Sketchbook5, 스케치북5

Sketchbook5, 스케치북5