2011.10.11 00:03

[2011.10.10] 三浦半島

閲覧数 1504 推奨数 0 コメント 0
?

Shortcut

Prev前へ 書き込み

Next次へ 書き込み

+ - Up Down Comment Print Files 修正 削除
?

Shortcut

Prev前へ 書き込み

Next次へ 書き込み

+ - Up Down Comment Print Files 修正 削除

20111010.JPG


午前10時、三浦半島に向かって家を出発。

 

DSC00623.JPG

 

DSC00624.JPG

 

家の近所のセブンイレブンでお金を下ろし、出発準備は完了。

少し雲がかかっていて、肌寒い天気だった。

 

今日のルートは、出発地から到着地まで高速一本道。

新井宿入り口から衣笠出口までルートを検索

 

バイクの二人乗りの場合は首都高の都心環状線を走れない。

多少遠回りにはなるが、C2中央環状線を走る道を選択

(というより、これしかルートがないのだ。)

 

最終的には

新井宿入り口→C2経由葛西→湾岸線→横浜線→横横道路を通るルートに決定。

高速入ってすぐ川口パーキングで飲み物を購入。

 

どうやらC2の小菅→葛西までの区間が渋滞が続いてるようだ。

10キロ以上、通過までおよそ120分予想。

連休のど真ん中というのもあって、浦安地区はいつものディズニー渋滞。

何とか渋滞区間を通過、大井パーキングエリアーでひと休憩。

飲み物を飲み、しばらく雑談。

そして再び出発。

 

DSC00626.JPG

 

DSC00628.JPG

 

東京ベイブリッジ、川崎工業団地を通過し、あっという間に横須賀に着く。

最後の休憩所横須賀パーキングエリアーで休憩。

南方面の高速は首都高区間が長いため、休憩所の数が極端に少ない。

川口の次のパーキングは大井。

向島とか、箱崎にもパーキングはあるが、都心環状線のため進入不可能。

川口→大井→横須賀の順に、ほぼ走りっぱなしの道。

 

バイクを止めてしばらく飲み物を飲みながら風景を眺める。

空は曇り空で、12時過ぎているのにまだ肌寒い。

 

衣笠を出てからはひたすら渋滞の続き。

さすがにクラッチを握ってる左手が疲れたきた。

エンジンの熱が妙に厚くて、背中は汗だく状態に。。。

 

この道があってるのかさえわからないまま走る。

しばらくすると目の前には海の風景が。

 

目的地三崎港に到着。

 

駐車場にバイクを止め、散策開始!

 

DSC00633.JPG

案内所に貼ったあった地図。グルメのマップだった。

 

 

DSC00636.JPG

ちょっと路地を入ると、なんとレトロな雰囲気の街が広がる。

といってもここだけだったが、こういう雰囲気嫌いではない。

 

DSC00638.JPG

さすがは港。

潮風の香りとカモメの鳴き声。

 

 

DSC00640.JPG

 

DSC00641.JPG

 

DSC00644.JPG

いよいよご飯の時間。

朝ごはんを食べずに出発していたので、空腹感が半端ない。

三崎港といえばまぐろ。

迷わずまぐろ食堂に昼ご飯決定。

1000円から~という値段設定。正直高いのか安いのかわからない。

会社でのいつものランチは大体500円未満。これを考えると確かに高いが、

そんなことどうでもいい。おいしいまぐろが食べれるのだ。

コンビニ弁当と比べられるとまぐろさんもたまったもんじゃないだろう。

 

DSC00647.JPG

まぐろ丼。味噌汁、小鉢つきでジャスト1000円。

なかなかおいしい。

 

DSC00648.JPG

まぐろの竜田揚げ。680円。これが劇的にうまいのだ。

いや~生きててよかった~

 

DSC00645.JPG

店内に貼ってあった案内地図。

 

DSC00649.JPG

再び、海のほうに戻る。

やっぱ、海はいい。

 

 

DSC00651.JPG

お土産やさんみたいなところに入る。

三浦のだいこん焼酎。車だったら買ってたな。

バイクだと持ち運びができないので、残念ながら断念。

 

 

DSC00652.JPG

あんなんでっかいほっけが2枚も入って1100円。

いやいや、安い!

 

 

 DSC00653.JPG

 まぐろソーセージ!!!!

 

 

DSC00654.JPG

本マグロ一本3000円から。ああ~~~~~~~~~

 

 

DSC00657.JPG

 金目一枚2500円なり。

 

 

DSC00656.JPG

鮪串カツと鮪コロッケ

コロッケだけ買うとしたが、おばさんの押しにまけ、両方購入

おおきに三百万円~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

海にもどり、カツとコロッケを堪能。

うまい!うますぎる!

 

 

 DSC00658.JPG

で、買ってしまいました。まぐろソーセージ。

なんと!荒挽きタイプらしい!

 

 

DSC00660.JPG

わくわくしながら開封式!

 

。。。空け方失敗しちゃった。。

 

でも味は抜群!おいしかった~

 

 

DSC00664.JPG

しばらく海を眺める。

 

ずっと食べながらあるいてたので、すでに満腹状態。

まぐろラーメンも気になったけど今の胃袋だと入るスペースがない。

残念だけど次回にお預け。

 

 

DSC00666.JPG

出発準備。

 

 

DSC00667.JPG

まぐろを満喫!

いや~おいしかった。いろんな意味で。

 

 

DSC00671.JPG

帰りに、三浦海岸に寄り道。

車用の駐車場にバイクを止めると、駐車場のおっちゃんに怒られた。

バイク専用駐車場はあっち、とかいってるけど、、、

どこにも看板出てないし、分かんないんだよ。。。

というか、駐車料金払うんだから、ここでもいいんじゃないの?

ぶつぶついいながら駐輪場に移動。

確か信号一個先に駐車場入り口があるといってたが、、

。。。どこ?????????

あああ、どこにいれればいいんだよ~~~~~~

も~~~。。

といいながら周りを見てたら目の前にバイク→の表示が。。。

ああ、ここか。すみません、目が悪いんです。。

 

 

DSC00673.JPG

海風は気持ちいい。

 

 

DSC00674.JPG

 

DSC00675.JPG

 

DSC00677.JPG

きれいな貝殻発見~~

なんかいいことあるかな~あるといいな~

 

 

DSC00679.JPG

三浦海岸を最後に家に向かう。

一日ってあっという間だよね。

 

 

行きとは逆に横横を通って首都高のルート。

 

横横が渋滞していたが、それ以外はそれほど渋滞もなく、

スムーズに進む。

 

横横の渋滞を抜けて、さすがに疲れたので次の釜利谷料金上で

しばらくバイクを止め、ひと休憩。

気を取り戻して、再び出発。

 

 

ベイブリッジを渡り、工業団地の夜景が流れていく。

 

しばらく走ると大井パーキングに到着。

 

ついたとたんに爆音の嵐。

ぼ~~ぼぼぼぼ~~~ぼぼぼ~ぼぼぼ~

なんだなんだ?入り口の付近をみると、、

集会が開かれている。

そこらへんに海老天がいる。

あああ。。。こんな近くではじめてみた。

絡まれるといやなので、少し離れたところにバイクを止める。

それにしても楽しそうだな。。。うん、楽しそうだ。いいじゃないか。楽しそうで。

ただ、深夜の住宅街だけはやめてくれよ。

 

 

 と、出発しようとしていたその瞬間、アクシデントが。。。。

 

 

DSC00684.JPG

休憩中にあの赤の隙間にバイクの鍵が落ちてしまったのだ。。!

 

 

DSC00685.JPG

何とか道に落ちてた鉄ゴミと高速パンプレで鍵を救出。

よかった~

これ、取れなかったらJAF呼んでレッカーで移動するしかなかったかも。。。

本当によかった~

 

 

DSC00686.JPG

じゃじゃん~犯人はこの人です。

 

 

DSC00688.JPG

ま、無事に鍵も救出できたし、後は帰りのみ!

ありがとう、パンプレと鉄ゴミ。。

本当にお世話になりました。。。

 

 

夕飯は新井宿出口の近くのラーメンに決定。

体が冷え切ってたので、味噌ラーメンに決定。(といってもつけ面だったけど。)

 

 

DSC00689.JPG

家に到着!

8時31分 総走行距離は241.2Km

今日は結構走りました!

明日は全身筋肉痛決定~

 

 

 

旅の記録

出発地:自宅(埼玉県)

目的地:三浦半島、三崎港、三浦海岸(神奈川県)

移動ルート:新井宿IC→首都高・横横道→衣笠IC→三崎口→三崎港→三浦海岸→YRP野比→佐原IC→横横道・首都高→新井宿IC→ラーメン大明神→家

走行距離:242.2Km

移動時間:10時~20時31分

 


나눔글꼴 설치 안내


이 PC에는 나눔글꼴이 설치되어 있지 않습니다.

이 사이트를 나눔글꼴로 보기 위해서는
나눔글꼴을 설치해야 합니다.

설치 取り消し

Designed by sketchbooks.co.kr / sketchbook5 board skin

Sketchbook5, 스케치북5

Sketchbook5, 스케치북5

Sketchbook5, 스케치북5

Sketchbook5, 스케치북5